外為どっとコム

FXの仕組み

FXは、通貨と通貨を交換することにより儲けを出す取引で、株よりもシンプルで分かりやすいということから主婦や学生なども含めて多くの人が利用しています。国内では、外国為替及び外国貿易法が改正された1998年以降に商品として提供されるようになったもので、それほど長い歴史を積み重ねてきたというわけではありませんが、現在では多くの業者が取り扱っています。

 

なお、FXにより儲かる仕組みは、基本的には株と同じです。つまり、安い時に購入して高値が付いた時に売却すればプラスになり、逆に高い時に購入して安値で売却すれば損をするという内容です。ただし、対象は株券ではなく通貨であり、種類が圧倒的に少ないということが特徴です。これは、それだけ選択肢が少ないということで、特別な知識を持たない人でも十分に儲けるチャンスがあるということになります。

 

例えば、円とドルの交換の場合であれば、円が高い時にドルを購入し、ドルの値打ちが上がった時に売却すれば儲けられます。このような為替の情報はテレビや新聞などのメディアで常に提供されており、投資家に限定して情報を提供している株取引とは大きく違っています。

 

実際になんの知識も持たずに始めた主婦が数億円の儲けを出し、その分の税金を払わなかったということで逮捕されたという事件が、数年前に大々的に報道されています。もちろん、脱税は犯罪で良いことではありませんが、特別な知識がなくても儲けられるということをこの事件から窺い知ることができます。

 

なお、FXはこのような取引以外でもお金を儲ける方法が用意されています。取引をスタートするためには口座を開設しなくてはならないのですが、業者の中には会員登録した時点で現金をプレゼントするというキャンペーンを実施しています。つまり、このようなキャンペーンを実施している業者を見つけ出し、会員登録していけば取引しなくてもお金を入手することが出来ます。このように、様々な儲け方があるということも、FXが人気を集めている理由となっています。