外為どっとコム

損失額を少なく済ませる

少額な資本金を使っても、レバレッジによって大きなお金を稼ぐことも夢ではないFX、パソコンやスマホがあれば簡単に始められるのも魅力的です。
1万円程度からでも始められることもあって、挑戦してみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。
実際に、10万円の元本を数百万円や数千万円、それ以上にされた方もいらっしゃいます。
そんな方でも、損切りを行ったことは必ずあります。
物凄い金額で儲けているからと言って、必ずしも利益しか出していないという事はありません。
FXを始めるにあたっては、必ず損が出ると考えたのが良いでしょう。
では、損を出しても大きく儲けている方は何が違うのかと言えば、損失額が少ないのです。
損した以上に儲けているのです。
その損失を最小限に抑えるのが損切です。

 

例えば、100円のドルが更に円安が進むだろうと思って買いポジションを持っていたのにも関わらず、一向に円安が進まずにどんどん円高が進んでいってしまったとしたら、下手すると、ロストカットされてしまいます。
そうならないように、もう上がることはないだろうと見切りを付けて、損が出ていても約定してしまうのです。
確かに、損は出てしまいますが、100円から98円になった時点で損切を行っていた場合と、もたもたしていて100円から90円になってからロストカットにあってしまった場合では損失額は大きく違ってきます。
早めに見切りをつける為に損切があります。
例えここで損切をしたとしても、後々95円で売りポジションを持っていたとして、90円で売ることが出来れば利益は大きく出てきます。
もしも買いポジションを持っていた場合は、損失は膨らむ一方です。
確かに、為替の世界は円安になるか、円高になるかのどちらかであり、例え円安になったとしても、また円高になる可能性もありますし、逆もあります。
だからと言って、絶対ではありません。
勝つことばかり考えてしまいますが、いかに上手に負けるかもFXでは大切なことです。